産業カウンセラー試験対策 学科試験対策 実技試験対策 BKSワールド

産業カウンセラー試験対策支援 BKSワールドのブログです。

テイラーが提唱した科学的管理法は工場管理の合理化運動に発端をおく。

 
標準的な作業のやり方、作業時間を研究し、「課業(task)」という概念を持ち込み、1日の作業量を科学的に算定した。

その標準量を超える場合には報償を与え、有能な作業者の地位向上をはかった。


仕事を科学的(数量等)にはかり、そのうえで、仕事量が多い人を重用していく考え方。


産業カウンセラー試験対策教材はこちらにあります

https://bkscounselor.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2236897&csid=0


2018年1月に実施される2017年度産業カウンセラー試験対策教材のラインナップがきまりました。

できるだけ効率よく、少ない労力で合格を掴み取ることがBKSワールドの目指すところです。

sangyolineup

実際問題、自力学習で試験に合格している人も少なくありません。

ただ、自力学習は孤独で不安です。

過去問題も公開されていないので、常に、これでいいのだろうか、と思いながら、一人で勉強を進めていくことになります。

その不安を減じるため、そして、自力学習ではなかなか見つけることのできない効率の良い試験対策をめざしていきましょう。

こちらが販売サイトになります

まだ多くが準備中ですが順次そろえていきます。

システム論(相互作用しあう集合体)を用いた家族療法。

 

なにかあるときに、その原因を特定の家族要因に帰属させない。直接的因果律(原因はこれと特定する)ではなく、円環的因果律(互いに影響しあい、まわりまわって結果が導き出されている)であるとする。

 

何らかの問題行動や症状を示した特定の個人のことをIPと呼ぶ。


産業カウンセラー試験対策教材はこちらにあります

https://bkscounselor.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2236897&csid=0

↑このページのトップヘ