産業カウンセラー試験対策 学科試験対策 実技試験対策 BKSワールド

産業カウンセラー試験対策。 産業カウンセラー資格取得をめざす方のためのブログです。もう他のブログは見ないでも大丈夫。情報をおしみなく提供していく産業カウンセラー試験対策支援 BKSワールドのブログです。

2017年06月

産業カウンセラー資格取得の方法は、受験要件をみたし、産業カウンセラー試験(学科・実技)に合格する必要があります。

そして、そのうえで、産業カウンセラー協会に登録することにより、産業カウンセラーと名乗ることができます。

多くのひとがたどる道は、養成講座を経て、試験を受けるということでしょう。

その養成講座ですが、2017年度の場合、

通学養成講座 248,400円
通信養成講座 
226,800円
e-learning講座 291,600円


となっており、
受験料は

学科 10,800円  実技 21,600円


です。合格後、登録費用もかかります。

詳細は、産業カウンセラー協会のホームページをご確認ください。


講座の内容そのものからすると費用はさほどお高くはありません。しかし、まとまった金額としては大きなものです。約30万円かかります。


そのうえで、試験対策の教材となりますと、負担が重なりますので、BKSワールドはご用意する教材を、家内制工業(笑)でコストカットして、少しでもお安く提供できるよう努めております。


最小限の労力で合格を!を合言葉に、より良いものを提供していきます。



(´∀`*)産業カウンセラー試験対策教材はこちらをクリック

産業カウンセラー学科2対策教材の音声はこちらをクリック


産業カウンセラー試験対策メールマガジンはこちらをクリック
(下の登録フォームのEmail、お名前を記入してください)


   
2017産業カウンセラー試験対策情報メルマガ

産業カウンセラー資格取得の方法は、受験要件をみたし、産業カウンセラー試験(学科・実技)に合格する必要があります。

受験要件(概略 2017年度試験の場合)

①成年に達した者(注1)で、協会が行う産業カウンセリングの学識及び技能を修得するための講座を修了した者

②4年制大学学部において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する学部又は専攻(課程)の卒業者であって、A群からG群(注2)までの科目において、1科目を2単位以内として10科目以上、20単位以上を取得し、かつ協会が行う産業カウンセリングの技能を修得するための講座を修了した者。ただし、D群からG群の科目による取得単位は6単位以内とする

③大学院研究科において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻(課程)の修了者であって、A群からG群(注2)までの科目において、1科目を2単位以内として10科目以上、20単位以上を取得していることを要する。ただし、D群からG群の科目による取得単位は6単位以内とする

注は省略

詳細は、産業カウンセラー協会のホームページをご確認ください。



(´∀`*)産業カウンセラー試験対策教材はこちらをクリック

産業カウンセラー学科2対策教材の音声はこちらをクリック


産業カウンセラー試験対策メールマガジンはこちらをクリック
(下の登録フォームのEmail、お名前を記入してください)


   
2017産業カウンセラー試験対策情報メルマガ

↑このページのトップヘ