テイラーが提唱した科学的管理法は工場管理の合理化運動に発端をおく。

 
標準的な作業のやり方、作業時間を研究し、「課業(task)」という概念を持ち込み、1日の作業量を科学的に算定した。

その標準量を超える場合には報償を与え、有能な作業者の地位向上をはかった。


仕事を科学的(数量等)にはかり、そのうえで、仕事量が多い人を重用していく考え方。


産業カウンセラー試験対策教材はこちらにあります

https://bkscounselor.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2236897&csid=0