産業カウンセラー資格取得の方法は、受験要件をみたし、産業カウンセラー試験(学科・実技)に合格する必要があります。

受験要件(概略 2017年度試験の場合)

①成年に達した者(注1)で、協会が行う産業カウンセリングの学識及び技能を修得するための講座を修了した者

②4年制大学学部において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する学部又は専攻(課程)の卒業者であって、A群からG群(注2)までの科目において、1科目を2単位以内として10科目以上、20単位以上を取得し、かつ協会が行う産業カウンセリングの技能を修得するための講座を修了した者。ただし、D群からG群の科目による取得単位は6単位以内とする

③大学院研究科において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻(課程)の修了者であって、A群からG群(注2)までの科目において、1科目を2単位以内として10科目以上、20単位以上を取得していることを要する。ただし、D群からG群の科目による取得単位は6単位以内とする

注は省略

詳細は、産業カウンセラー協会のホームページをご確認ください。



(´∀`*)産業カウンセラー試験対策教材はこちらをクリック

産業カウンセラー学科2対策教材の音声はこちらをクリック


産業カウンセラー試験対策メールマガジンはこちらをクリック
(下の登録フォームのEmail、お名前を記入してください)


   
2017産業カウンセラー試験対策情報メルマガ