産業カウンセラー試験対策 学科試験対策 実技試験対策 BKSワールド

産業カウンセラー試験対策。 産業カウンセラー資格取得をめざす方のためのブログです。もう他のブログは見ないでも大丈夫。情報をおしみなく提供していく産業カウンセラー試験対策支援 BKSワールドのブログです。

タグ:産業カウンセラー養成講座

2018年11月からすでに始まっている2018年度通信講座を最後に、産業カウンセラー養成講座はたたずまいを少々かえます。



テキストはすでに2分冊になったものを用いているようですが、養成講座の呼び名も


6か月コース
10か月コース


という2種に分かれることになり、6か月コースは年2回開講されます。


その点についてつらつらと音声で説明してみました。







2019年度6か月コースを受講する方は、新しいものでいけるとお感じになるかと思いますが、すでに始まっている通信講座に関しては、受講しながらも制度がかわる(年2回の試験のはじめ)ということで、やや不安が募る事かと思います。



その不安の声も聞こえてくるので、今回、2020年1月対応の試験対策教材を早めにご用意することにしました。


https://bkscounselor.shop-pro.jp/?pid=139594304



決してあせることはなく、着実に目の前の課題をこなしていくことで活路は見えてきます。


ですが、もし不安に思うことがあったら、そこは助けを求めてしまうほうがラクです。これからほぼ1年のサポートになりますので、早いスタートを切れば切るほどオトクであります。

一緒に

産業カウンセラー養成講座2017年度通学講座は全日程21日で行われます。

その期間で在宅課題が9つありますが、内訳は
作文 2回
対話分析 3回
小論文 2回
DVD視聴レポート 1回
逐語記録 1回

となっています。

すべて期限内に提出する必要があります。

養成講座修了後に実技免除をゲットできるかどうかのカギとなる課題は作文以外の7つであります。

作文ももちろん心証を構成することはまちがいないので手を抜くことはできません。

養成講座の過ごし方に関しては、また追ってお伝えしていきたいと思います。ご希望の方には、個別サポート(コーチング)を提供する予定です。


追記
サポート内容はこちらをクリック!!

2017年度月開講の産業カウンセラー養成講座通学講座は全日講座で全21日間、夜間講座で全36日間を4月~11月初旬まで、それぞれ約7か月間かけ学ぶ長丁場の講座になっています。

 

講座日程は開催教室によって若干の差異があるようですが、講座内容は、

理論学習(講義) 36時間
面接実習(カウンセリング演習) 104時間
在宅研修(作文、小論文、対話分析等) 40時間相当
自主学習(DVD視聴) 9時間程度


となっています。

↑このページのトップヘ